読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再生とは自己の心象風景である

例えば、破産とはどういうイメージがあるでしょうか?

 多くの人が破産というと暗いというイメージを持つようです。

それでは再生はどうでしょうか? 

ほとんどの人が明るいイメージを持つようです。  

しかし、実はこれはあなたが、自分が相手ならばきっとこう思うだろうな、というものを表しているに過ぎません。

もしかすると相手は逆のことを考えているのかもしれません。

再生とはこのように、あなたが体験してもいないものを考えている心象風景にすぎません。

問題はこの心象風景が崩され始めた時に、あなたがどう感じるかなのです。

きっと心象風景通りにはいきません。

では、違ったからといって逃げるわけにもいかないでしょう。

だから、あらかじめ現実は違うだろうという認識も必要なのです。