読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企業倒産とは、社員が「自分の給料を稼いでいない」ことをいう

私が倒産しそうな会社に行くと、よく社員達が、

「社長が悪い、悪いのは社長だ」と連呼しています。私は彼らに、

「そうじゃないだろ、君たちの給料も高かったんじゃないのか」と言い返します。

外部から見るのでよく分かるのですが、倒産する会社は、社長だけが悪いということはまずあり得ません。社員にだって責任があるのです。

 

これは大きな会社になればなるほどそうなのですが、皆、給料日になれば自動的に給料が貰えると思っている。社長や重役がお金を会社に持ってきてくれるのだと思っているんです。

違うでしょう。

 

社員全員が、社員一人ひとりが、金を稼がなくてはならないという気構えがなければならないのです。皆、勘違いをしています。

そのところを社員だって反省をしなければなりません。社員一人ひとりが自分の給料を稼いでいれば、絶対に倒産なんて起こりえないのですから。